SSブログ

中学でジュニアテニスを継続するには [ジュニアテニス]

image.jpeg




小学生から中学に進学してもテニスを

継続するには、3つの選択

から選ぶ場合が多くあります。



1つは、中学受験して硬式テニス部

の有る中学に進学する方法。



小学生からテニスを行っていれば、

中学の体育協会が行う大会では、

上位の戦績が残せる可能性が

有ります。



2つめは、硬式テニス部がない為

軟式テニス部に入部して、

硬式テニスはクラブで継続

する方法。



軟式テニスと硬式テニスの両方

する方法です。

どうしても、中学の軟式テニスが

メインになってしまいます。



軟式テニスの戦績は良くても

硬式テニスの戦績は、落ちてしまう

可能性が有ります。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマッシュ 2020年 09月号 [雑誌]
価格:750円(税込、送料無料) (2020/7/23時点)




3つめは、中学校にもよりますが、

あまり活動していない部活、

いわゆる帰宅部に入部して

クラブでの硬式テニスを

メインにする方法です。



これですと、今まで通りに

クラブで練習する事が出きる為、

戦績は上がる可能性が有ります。



テニス以外の運動部に

入部すると、テニスとの両立は

中々難しいのが事実です。



ちなみに、我が家の息子は、

中学受験し、中学の硬式テニスと

クラブでのテニスを両立しました。



テニス漬けの中学でしたが、

本人は満足している様です。





親の考えとコーチの指導

セルフジャッジ

親離れ、子離れ

対戦相手は友達

テニス選手育成コース

テニス教室と選手育成コースの違い

怪我と休養

高校受験テニス裁量枠











ジュニアテニス ブログランキングへ
タグ:中学テニス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました